爪水虫解決策、対処について

爪水虫解決策、対処について

爪水虫は、爪水虫と同様に白癬菌に感染してしまっている状態のことをいいます。白癬菌が爪の中にまで感染してしまって爪水虫になってしまうのです。爪水虫は足の水虫よりも厄介だと言われています。

 

その理由としては、他の人にまで感染してしまうからです。爪水虫は白癬菌を貯蔵する役割を担うことになっていますので、他の人にも水虫を感染しやすくさせてしまうのです。

 

爪水虫の症状としては、爪が厚くにごっている、爪の表面が崩れてボロボロになり、筋がある、爪のまわりに炎症があるなどの症状があります。

 

爪水虫にならないようにするには、1日に1回は必ずお風呂に入るようにする、足湯をするなども効果があります。

 

足をきちんと洗い清潔に保つことも大切なのですが、足をすることにより熱を持つので対処することができます。白癬菌は温度15℃〜20℃で最も活性化すると言われています。

 

毎日40℃〜45℃の足湯に毎日浸かることにより、爪水虫にかかるリスクを抑えることができるのです。もしも爪水虫にかかってしまった場合には、自然治療はしないようにしましょう。放置していると悪化してしまいます。

 

必ず病院にいき内服薬を飲む、外用薬を利用するなどして治療をするようにします。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら