クリアメイルショットと医薬品の違い

クリアメイルショットと医薬品の違い

クリアネイルショットが医薬品でないというのはご存知でしたか?いわゆる薬とサプリメントの違いのようなものです。

 

だからといって、クリアネイルショットの効果が医薬品に劣るのかといえば、そうでもありません。実は中身は違いますが、それは天然から抽出している成分なのか、もしくは人間が同じ成分を合成で作っているかの違いです。

 

さらに言えば、クリアネイルショットは薬事法に基づき、医薬品申請をしていません。そうすれば、コストがかかるからです。

 

そして、医薬品は薬事法で定められた基準で申請を行い薬として販売されているものです。いずれにせよ、成分がさほど違わなければ、効果も同じ。
一方はれっきとした医薬品、クリアネイルショットはサプリメントのような爪水虫対策ジェルというだけなのです。

 

医薬品の中でも市販できる薬というのは、効果がかなりゆるやかで、使用量を少々間違えたぐらいで病院に駆け込むほどではありません。
だから、クリアネイルショットの効果が医薬品に劣るとは思えないのです。

 

ちなみに、クリアネイルショットの中身ですが、竹酢液はみずむし、いんきん、たむしの白癬菌感染症にいいと昔から有名で、薬のない時代には人々はこの竹酢液を水虫に使用していました。

 

そしてハーブの一種ティーツリーに含まれる物質のテルピネンには抗菌作用があり、体臭対策やニキビケア用品などにも使われています。
白癬菌などの真菌のはたらきを抑制することも判っているのだそうですよ。この成分で市販の水虫薬にも含まれています。

 

つまり、クリアネイルショットは「医薬品」ではないけれど、妊娠中授乳中でも使える水虫治療薬なのです。
化学物質ではないので、体への負担や副作用がほとんど心配いらないのですね。

 

北の快適工房(北の達人コーポレーション)さんは「実感主義」といって、本当に効果が実感できるものしか商品化しないことをポリシーとしている会社のようです。

 

だから、返品・返金制度はありますが、未開封の製品はこの対象に入りません。開封して使用したものだけが、商品到着後25日以内に連絡をすれば、返品・返金対象となります。

 

爪水虫で素足になるのが恥ずかしい・ネイルできない、すでにいろいろ薬飲んでいて副作用が心配、高齢で薬の体への負担が怖いという方にはクリアネイルショットがおすすめなのです。

 

一度10%割引のお試しコースから始めてみませんか?月に1度届くコースですが、2本目から定期コースの解約が可能です。ぜひ自分の爪の状態をじっくり観察して、考えてみてくださいね。

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら